名南で働く人
名南で働く人

互いの仕事に敬意をはらい、


接する文化ができています。

三浦 憲治

弁護士法人 名南総合法律事務所

2015年入社 / 中途

互いの仕事に敬意をはらい、


接する文化ができています。

三浦 憲治

弁護士法人 名南総合法律事務所

2015年入社 / 中途

現在

お客様を、法務面からサポート。

企業のコンプライアンスに関する相談や事業に関する法務リスクのアドバイス、裁判業務、M&Aアドバイス、相続関連業務、知的財産や海外進出に関する相談などを行っています。また、業務のIT化に関する検討会やウェブサイト改定の検討会など、ネットワーク全体の成長に関する横断的なプロジェクトにも積極的に参加しています。

学生時代

「企業法務」に携わる弁護士をめざす。

大学時代に心を燃やしたのが、所属していた税法ゼミの「他大学対抗ディベート大会」。納税者側と課税庁側、双方の立場から論じる経験を通じて、ディベートの醍醐味を知りました。また、当時はM&Aが注目を集めていたこともあって企業法務に携わる弁護士をめざすことに。それらの相談件数が多く、規模感もある当社を選びました。

1年目

バッジをつけたら一人前!?

弁護士には合格後に1年間の「司法修習」の期間があり、その現場で「この仕事はバッジをつけたらもう一人前だからな!」という教えを受けます。だから、入社前から「負けないぞ」という気負いはあったのですが、やはり1年目は手探りの状態が続きました。しかし、みなさんが敬意をもって接してくれたため、うまくなじむことができました。

展望

法務の知識で、未来へのサポートを。

ネットワークの強みは、各士業が一定の規模感と実力を備えながら、有機的に連携を行っている点にあります。今後はトラブル解決など事後的な業務よりも、法務面のコンサルタントとしてM&Aのサポートや知的財産の活用、海外進出などお客様の新しいプロジェクトのお手伝いをより強化していくことを、自身のテーマとしています。

メッセージ

大切なのは、あきらめずに探すこと。

人生において「仕事をしている時間」って非常に長いですよね。だからこそ、楽しくできる仕事、たのしく働ける職場をあきらめずに探すことが大切だと思います。当社は風通しが良く、新しいことへの挑戦を大事にしている魅力あふれる会社だと私は感じています。興味を持たれたのであれば、ぜひ一度、会社見学に来てください!