名南で働く人
名南で働く人

出る杭を伸ばす。


その社風がネットワークの魅力です。

松井 秀也

司法書士法人 名南経営

2016年入社 / 中途

出る杭を伸ばす。


その社風がネットワークの魅力です。

松井 秀也

司法書士法人 名南経営

2016年入社 / 中途

現在

社内業務の効率化にも取り組む。

当社法人チームの一員として、法人設立の手続きや役員の変更登記、事業承継・再編に関する法務コンサルティングなどの司法書士業務を行っています。また、個人のチャレンジとして、新たに入社したスタッフが業務を円滑に行うための「書類作成作業の効率化」や「アシスタント業務のマニュアル化」に積極的に取り組んでいます。

前職

トラブルを機に、司法書士の道へ。

大学院を卒業後、自動車部品メーカーでエンジニアの仕事をしていたのですが、親族間での遺産トラブルを機に士業の重要性を実感。働きながら司法書士の資格を取得することにしました。当社を知ったきっかけは、専門学校が開催した転職に向けての講演会。そこで登壇した代表・荻野のプレゼンテーションに圧倒され、強い興味を持ちました。

1年目

苦しかった、最初の半年間。

司法書士は、資格を取得した時点で「プロ」とみなされます。しかし、仕事の流れを覚えることがやはり必須で、半年ほどは大変な思いをしました。また、最初に担当した仕事で大きなミスをしてしまい、お客様からお叱りも受けました。しかし、最終的には直接「ありがとう」の言葉をいただき、BtoCの仕事の喜びを知ることができました。

会社の魅力

出る杭を、伸ばす文化がある。

当社の魅力は、社歴が浅い私でも意見がどんどん言える空気があることだと感じます。そして、その内容が組織のためになることなら、上司も一緒になって動いてくれる環境でもあります。現在取り組んでいる社内の業務効率化やマニュアル化も、入社3ヶ月目の提案だったにもかかわらず、快くゴーサインを出してもらいました。

メッセージ

失敗をモチベーションに変える力を。

失敗を恐れず、もし失敗したとしてもそれを「改善点」だと前向きに受け止める力を持った人が当社には合っています。また、ありたい理想の姿と現状とのギャップを見つけ、その差を楽しみながら埋められる人が、たえず成長できる人だと私は思います。そんなマインドを持った方と一緒に仕事ができることを、楽しみにしています。