Fresh Talk 若手座談会
Fresh Talk 若手座談会
自分たちも刺激される
「出る杭」がほしい。
若手社員が語る、名南コンサルティングネットワーク
自分たちも刺激される
「出る杭」がほしい。
若手社員が語る、名南コンサルティングネットワーク
  • 松本 健太郎 松本 健太郎

    松本 健太郎

    株式会社 名南経営コンサルティング

    マネジメントコンサルティング事業部
    2015年入社 / 新卒

  • 小林 賢人 小林 賢人

    小林 賢人

    名南M&A 株式会社

    2015年入社 / 新卒

  • 鳴海 孝仁 鳴海 孝仁

    鳴海 孝仁

    株式会社 名南経営コンサルティング

    ITコンサルティング事業部
    2015年入社 / 新卒

  • 小森 紫央里 小森 紫央里

    小森 紫央里

    税理士法人 名南経営

    会計部
    2015年入社 / 新卒

入社3年目。名南コンサルティングネットワークそれぞれの法人で
「期待の若手」として輝きを放つ4名の同期社員に仕事のやりがいや社員同士のつながり、
会社の魅力、達成感を感じた瞬間などを語ってもらった。

やりがい

ー まず、現在の仕事とそのやりがいを教えてください。

  • (松本)経営コンサルタントとして活動しています。一人前のコンサルタントになるために必要となる「営業力」「人前で話す力」「数字を見る力」の3つを磨いているところです。日々、新しいことを吸収できるところがやりがいですね。
  • (小林)M&Aコンサルタントとしてアドバイザリー業務を行っています。仕事がら経営者と話をすることが多いのですが、新卒3年目ではなかなか経験できないことだと思っています。「若くても任せてもらえる」ことに仕事のやりがいと責任を感じます。
  • (鳴海)ITエンジニアとして「士業向けクラウドサービス」の開発に携わっています。企画の段階から携わり、制作→テスト→リリース→運用まですべての工程を経験できるのが当社ならではのスタイル。そこにやりがいを感じています。
  • (小森)私は税理士法人に所属し、会計・税務の面でお客様をサポートしています。現在は20件ほどのお客様を担当しています。仕事を通してお客様から信頼を得ることで、税務を超えた人生の深い話までお伺いできることがやりがいです。

ギャップ

ー 入社する前と後では、ギャップはありましたか?

  • (松本)ありました!自分は「コンサルタントになれば1年目でもバリバリ稼げる」と思っていたのですが、社会経験のない22−23歳の若者がいきなり経営アドバイスを行うのは無理で、まだまだ先輩や上司の利益で食べさせてもらっているのが悔しいです。早く一人前になりたいです。
  • (小林)私もありました。入社前は「コンサルタントの知識や技術をすべて教えてもらえるだろう」といった「甘え」があったのですが(笑)。想像以上にみなさん「自分で学ぶ」という姿勢が強かったですね。
  • (鳴海)私の場合は大学の先輩が入社しているということで、学生時代から飲みに誘っていただいていろいろと話を聞いていたのでギャップはなかったですね。
  • (小森)私は「名南経営には優秀な人が多い」と聞いていたので、仕事に厳しい人、怖い人がたくさんいると思っていたんです。それでもやりたい仕事だったので覚悟して入ったのですが…むしろめちゃくちゃ優しくていい意味でギャップを感じました。
  • (松本)仕事の学び方については、ネットワーク内の法人間でも違いがありそうですね。私の場合は(先輩や上司からの情熱的な指導によって)1年目はある意味「ボッコボコ」でした。
  • (鳴海)ITコンサルティング事業部はその中間くらいのイメージです。「ボッ」くらいですかね。
  • (一同)(笑)

つながり

ー それぞれの部門の人間関係はいかがですか?

  • (松本)マネジメントコンサルティング事業部はマネージャーも含め若い社員が多いので活気があって楽しい雰囲気ですね。よく飲みに行ったりもします。
  • (小林)名南M&Aも若い社員が多いということもあり、週に1回くらいは仕事帰りに飲みに行く感じです。小森さんがいる税理士法人はおとなしいイメージですね。
  • (小森)おとなしいと言うか、税理士法人は仕事がら、ちょっと固いイメージがあるかもしれませんね。あとは約180名と規模が大きいので、みんなで飲んだり集まったりという機会はあまりありません。でも、つい先日は20名ほどでキャンプに行きましたよ!
  • (鳴海)私がいるITコンサルティング事業部も50名くらいいるので全員集まれる機会はなかなかないのですが、拠点も交えて部門全体でキャンプやバーベキューなどのイベントを開催したりしますよ。部門内の交流はかなり活発なほうだと思います。

魅力

ー 名南コンサルティングネットワークの魅力は?

  • (小森)さまざまな専門家が揃っているところだと思います。会計担当者としてお客様訪問をすると、1人では解決できない課題も出てきます。そんな時に気軽に聞ける雰囲気ができているので、真のワンストップサービスが実現できているのかなと感じます。
  • (小林)ちょうど今日も、難しい税制の話を税理士法人のメンバーに相談させてもらったところです。おかげで、細かな部分までお客様に確信をもって伝えることができました!
  • (松本)私は人に惹かれて入社したこともあって、一番の魅力は「人」にあると思っています。熱く、仕事熱心で、後輩想いの先輩が多いですね。また、本当にイキイキと仕事している方が多いと感じます。
  • (鳴海)仕事が好きでアツく働いている人が多いので、その分1度の学びが大きい感じです。教えるのが好きな人も多く、そういった文化にいつも助けてもらっています。
  • (小林)私は「挑戦できる社風」が一番の魅力だと感じます。先日も新卒2年目の後輩が担当案件のM&Aを成功させるなど、若手でも仕事を任せてもらえるところが魅力ですね。
  • (松本)名南コンサルティングネットワークには「出る杭を伸ばす」文化があるんですけど、これだけ組織の規模が大きくなってきてもそれが残っているということは、これからもその文化が続いていきそうですね!

達成感

ー 達成感を感じたエピソードを教えてください。

  • (松本)新規営業でお客様の質問や要望に応えていくうちに信頼いただき、受注につながったのですが、その後ちょっと期間が空いて電話連絡した際に「松本さん次はいつ来てくれるの?」と言っていただいた時は嬉しかったですね。「来て欲しい」と思ってもらえたことに達成感を感じました。
  • (小森)私はご高齢のお客様から「来てくれてありがとう!」と言っていただいた時に達成感を感じました。そのお客様はマンションをいくつも所有する資産家の方だったのですが、どのマンションからどれだけの利益が出て、どれだけ税金が発生しているかがわからなくなっていたそうです。私が整理を行うことで、長年気になっていたことがすごくスッキリされたようでした。
  • (小林)私はやはりM&Aが完了した時ですね。M&A関連でお客様とおつきあいする期間は半年から2年ほど。2年かかる案件はかなり長いほうなのですが、先日そのような案件が完了しました。譲渡企業のオーナー様も一時はあきらめかけるなど紆余曲折があったのですが、結果にすごく喜んでいただけました。
  • (鳴海)自分が関わったプロジェクトがリリースされ、インターネット上に公開されるときはいつも達成感を感じます。1年目の時に担当した相続税の簡易的な試算機能がリリースされたときや、2年目のときに管理者として担当させてもらった大きなプロジェクトが無事リリースされたときは非常に達成感を感じましたね。

期待

ー 最後に、これからどんな方に入社してほしいですか?

  • (松本)やはり「明るくて元気な人」ですね。一緒に働くなら、楽しい人がいいです。
  • (小森)私も「元気な人」がいいですね。新入社員の方には、会社に明るく元気な風を吹かせてほしいなって思います。あと、刺激を与えてくれる方がいいですね。
  • (鳴海)たしかに! 自分たちも刺激される「出る杭」がほしいですね。
  • (小林)私は「前向き」で「話すのが好き」な方がいいですね。初対面の方といきなりビジネスの話をすることが多いので、やはり外交的な方が向いていると思います。
  • (小森)「話すのが好き」というのもそうですが「聞くのが好き」なのも大切ですよね。お客様の話をじっくり聞くのも重要な仕事なので。
  • (鳴海)システムの部門でも、コミュニケーション能力はとても大事だと思います。あとは、名南コンサルティングネットワーク内でよく言われる「自責」、他人の責任ではなく、自分の責任で動ける人が向いていると思います。責任感と勢いがある新人と一緒に仕事ができるのが楽しみです!

TEAM TALK チーム座談会 チームの力で、企業経営の課題に挑む。TEAM TALK チーム座談会 チームの力で、企業経営の課題に挑む。

PEOPLE 名南で働く人 “異能集団”、名南コンサルティングネットワークで働く社員をご紹介します。PEOPLE 名南で働く人 “異能集団”、名南コンサルティングネットワークで働く社員をご紹介します。