トップ対談

『自利利他』の精神を次世代に伝えていく、
名南のトップが見据える未来とは。
Profile
税理士法人 名南経営
統括代表社員・理事長
安藤教嗣
税理士法人 名南経営の代表であり、経営理念である『自利利他』を体現するモデル社員でもある。
株式会社 名南経営コンサルティング
代表取締役社長
佐藤公俊
株式会社 名南経営コンサルティングの代表。既存の仕事にとらわれることなく新事業を開拓していく推進力を持つ。
—お二人の出会いを教えてください。
佐藤:出会いは20年近く前ですか。もともと二人とも税理士法人名南経営にいて、安藤さんの方が先に入社していました。同じ部署にいたこともありますけど、とにかく仕事ばかりしていましたよね。

安藤:全力で仕事をしていましたね。暇なのが嫌、というか不安だったんですよ。当時の上司にはとにかく大きな仕事をさせてくれって言っていました。

佐藤:安藤さんは、自分の能力を広げていきたいという思いがあって、新しいものを作っていくのが得意。そのために、他の大手税理士事務所と勉強会をしたり。本当にフットワークが軽いなと思いました。

安藤:当時、大手税理士事務所とやり取りをしていて、飛び交う言葉が日本語に聞こえなかったんですよ。いかに自分たちのレベルが低いか思い知った。そこで、彼らを追い抜くことが目標になりました。

佐藤:それが今のネットワークの発展に繋がると。やはり、安藤さんには大局を見据える目がありますよね。税理士は先を見据えた納税指導ができないといけないし、経営者は時代を読んで組織のかじ取りをする必要がある。税理士としても経営者としても、いい面を持っていると思うんです。

安藤:ありがとうございます。佐藤さんには大事な局面でいつも助けてもらってきたから、名南の最後の砦だと思っていますよ。
—社員の活躍を耳にすることはありますか?
安藤:お客様先に行った時に、担当者の働きぶりを褒められたことがあったんですよ。歴代の担当者の中で一番信頼していると感謝されて。担当者が若い子であればあるほど嬉しいですよね。

佐藤:若手もお客様のためにという目線をしっかり持って仕事をしているから、それだけの信頼関係を築くことができたんでしょうね。転職してきた社員に聞いたんですが、前職ではお客様のためにという思いはあっても、自分の会社のためにしないといけないことの方が多く葛藤していたとか。でも、今はお客様のために仕事をしているんだという実感があると。今後も、名南は「お客様のため」を貫いていかないとですね。

安藤:そうですね。大事なのは、お客様とどこまで深く関われるかだと思います。とにかくお客様のことを知ることです。関係性を深めて、仕事を重ねてどんな功績を残すか。信頼とは積み重ねですから。

佐藤:もちろん、私たちも利益をあげたくないわけじゃないですけどね。やはり、最終的には経営理念に掲げている『自利利他』の精神に行きつきます。お客様の喜びが私たちの喜びという考えですね。そうして築き上げたお客様との信頼関係は、売り上げにも勝る、貴重なものなんです。
—今後、どんな人材が必要になりますか?
 また、どんな人に入社してほしいですか?
安藤:大事なことは一つだけ。『自利利他』の考えに共感できるかどうか。本当にお客様のためにがんばれるかどうかです。

佐藤:私が求める資質は素直さ、勉強好き、プラス発想の3つです。とにかくやってみようという素直さ、もっと勉強したい、成長したいという向上心、できないことをできるようにしようと前向きに考えられるプラス発想。加えて、いち早く仕事のルーチンを覚えて、簡単にすることを覚えてほしいんです。私は『手抜き』と言っているんですが、品質を下げずに工数を下げることも大切なんです。『手抜き』を覚えれば、できることの量も幅も広がり、成長速度も上がりますから。

安藤:確かに。より多くの仕事でお客様と関わって成功体験を味わってほしいですよね。仕事って先輩・上司だけじゃなくて、お客様から教わることも多いですからね。そうすると、仕事がどんどん面白くなっていくんですよ。
—これからの展望を教えてください。
佐藤:名南経営コンサルティングでは新規プロジェクトを立ち上げて、新事業をスタッフに公募したことがあって、そのときは居酒屋やコンビニをやろうなんて話も出ていました。まだ諦めていないみたいですけど。実際は、金融機関から打診があってファンド事業を立ち上げることに。ざっくりと言うと、M&Aの前段階で業績が厳しくなった企業にファンドが出資し、内部に人を送り込むなどして経営を立て直してからM&Aを進めるというものです。今後も、お客様第一という思いは変わらず、既存のネットワークの仕事にとらわれない新事業への挑戦を続けていきたいと考えています。

安藤:今後もお客様に寄り添った仕事をする。それは変わりません。お客様からは基本的な業務スキルだけでなく、他社の事例やノウハウも求められます。その期待に応えるためには、それなりの事業規模が必要です。だからと言って無理に拡大をする気はなく、名南のコンセプトに合うお客様を大切にしながら事業規模を拡大していきたい。これからも、『自利利他』の精神を持って、ゆるぎない仕事をしていきたいと思います。