税務や資産運用、数字にまつわる
プロフェッショナルたちのこだわり。

できることが少ないのなら、
できることの精度を上げて
最大限、お客様に貢献する。
税理士法人 名南経営
杉本浪乃
昔から数字が大好きなんです。高校時代は珠算部に入っていて強豪校で全国優勝したこともありました。就職先を考えたときも、好きを活かせる銀行や税理士法人で迷いましたが、最終的に、名南の選考を受けたときの先輩方の雰囲気がとても良く入社を決めました。

現在は医科部に所属し、顧問先である医療法人や個人開業医のお客様の会計確認や確定申告の決算処理などを担当しています。配属されて少し経ちますが、まだまだできていないことが多いです。だからこそ、お客様と密に連絡を取るなど、できることはしっかりとやろうと心に決めています。例えば、納税は遅れるとお客様が余計な税金を払うことになり、不利益に繋がってしまう。だからこそ、納付期限を事前に伝え、納付期限が近くなったら納付完了されたかどうか確認することを徹底しています。また、お客様からの質問に対してもなるべく早く回答するよう意識しています。結果的にお客様から「対応が早くてとても助かる」というお褒めの言葉をいただくことができました。

今は先輩から引き継いだお客様が多いですが、今後はもっと新規開業のお客様を担当し、仕事の幅を広げていけたらと思います。
気軽に相談できて
信頼の置ける税理士。
それが目指す理想像です。
税理士法人 名南経営
中川修
前職のコンサルティング会社に勤めながら税理士の資格を取得しました。大学が経営学部で、周りに税理士や会計士になる人が多かったので、その影響です。働きながら試験を受けて資格取得までに9年かかりました。大変なこともありましたが、税理士は自分が本当にやりたいことだったので、あきらめずに勉強を続けることができました。

努力の甲斐あって資格を取得できたので、かねてから知っていた名南に転職しました。仕事をする上で意識しているのは、お客様の懐になるべく深く入り込むこと。自分との共通点を探したり、頻繁に連絡を取るようにして、気軽に相談できる存在になれるよう意識しています。そのおかげか、今ではお客様からさまざまなご依頼をいただくようになりました。

業績絶好調で自社株の評価が上昇し続けているオーナー社長からご子息への事業継承についてご相談いただいたときは、銀行の力も借りて別会社を活用しながら、円滑に事業承継を進めることができました。お客様の世代交代に貢献することで関係性が深まり、今でもお付き合いが続いています。今後ももっと経験を積んで、お客様に信頼され、選ばれる税理士になって自分の価値を高めていきたいと考えています。
大事なのは、
決してお客様から目をそらさず、
悩みや課題を聞き出すこと。
株式会社 名南財産コンサルタンツ
杉本菜々
聞くプロでなければいけない。お客様と接するとき常にそう思います。私たちの仕事は、お客様の資産運用や保険のご相談、財産周りのご提案。資産運用や保険は、今後のお客様の事業や人生に深く関わってくることです。だからこそ、お客様の大切にしている価値観や将来のライフプランまで、深く、幅広く知る必要があります。

大事なのは、お客様よりお客様に詳しくなるつもりで話を聞くこと。しかし、それがなかなか難しいのです。以前、お客様との面談で、緊張して思うように話せなかったことがありました。面談後に、同行していた先輩から「お客様はどんな表情だった?」と聞かれて、思い出せなかったのです。「うまく話せなくてもいいから、お客様の気持ちをくみ取り、お客様にどれだけ寄り添えるかが大切だよ」と言われ、自分のことで手一杯だったことに気が付きました。それからは、お客様のことをよく見て、悩みや課題を引き出すことを意識して話をするようになりました。

今は、先輩に同行し、担当を引き継ぎながら経験を積んでいるところです。先輩方の仕事ぶりを見て、すべて吸収して、いち早く独り立ちしたい。そして、お客様のどんな悩みでも聞けるプロになりたいと考えています。